安価で修理する

デントリペアとその価格

デントリペアとは、金属にできたへこみを高低を観察しながら素早く直す技術のことです。正式には「ペイントレスデントリペア」といいます。その名の通り、塗装なしの修理のことです。例えば、愛車で出かけた際にボディをちょっとぶつけてしまい、小さなへこみができてしまったとします。これまでの車の修理といえば、時間がかかるうえに万単位の費用が掛かってしまうため、「このくらいなら…」とそのままにする人も多かったのではないでしょうか。しかし、デントリペアならパテも塗装もいらないのでへこみ1か所につき8,000円〜とかなりリーズナブルです。これまでの修理とは半額以下の価格でできるとは、まさに驚きです。デントリペアとは、どのようにへこみを修理していくのでしょうか。

作業時間、修理後の見た目、特徴

デントリペアとは、前段で説明したように、塗装を行わない修理のことです。ボディの隙間から特殊な工具を差し入れ、へこんだ部分をテコの原理で押し上げていきます。デントリペアは、工具が入る隙間さえあれば作業ができるので、フェンダーやクォーターなどの狭い範囲のへこみでも修理が可能です。もちろん広い範囲にも対応可能なので、ボンネットやルーフのへこみ修理も可能です。また、へこみだけではなく、表面が盛り上がってしまった部分もボディになじませて修理することができます。作業時間は30分〜と短時間でできます。また、塗装の色が変わることもありません。自慢の愛車がちょっとへこんでしまったからといって放っておくのではなく、デントリペアでリーズナブルに愛車ケアをおこなってはいかがでしょうか。